Uコンマニアの何でも掲示板


雑談、技術情報、議論、何でもどうぞ。
Uコンに関係ない話題でもけっこうです。
ただし、見ている皆さんが気持ちよく思えない状況になったり、
この掲示板にとって適切でないと思える投稿または投稿者は、
管理人の判断で削除させていただく場合もありますので、ご了承ください。
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

レーシングエンジンについての質問 - エストン (?)

2017/08/11 (Fri) 01:58:44

初めまして。ひとつ質問させてください。

既にどなたかが質問されてるかもしれませんが・・・・。

スピード競技のレーシングエンジンは離陸して少し経ってからエンジンが吹き上がりますが、あれはどういうシステムになっているのでしょうか。
どうしてスタート時から最高回転にしないのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいのですが、よろしくお願い申し上げます。

Re: レーシングエンジンについての質問 - M野 (男性)

2017/08/17 (Thu) 21:08:56

スピード機には排気口にチューンドパイプが取り付けてあります。マフラーのように見えますが、狙っている効果は全く違います。
これはバイクでチャンバーと呼ばれる物と同じ効果を持つ物で、排気の圧力波を反射波として排気口へ戻し、排気と一緒に排出される新気を押し戻して燃焼効率を上げ、出力を向上させる働きがあります。
チューンドパイプは長さや形状によって、同調する回転数が変わります。
同調した状態をパイプインと言いますが、離陸して速度が上がりプロペラの負荷が下がって回転数が上がると、パイプインして急に回転数が上がるわけです。パイロットはパイプインさせるためにウイップして調整したりします。これが離陸して少したってから吹き上がる理由です。
という説明でだいたい合っていると思いますが、私はレーシング種目は大好きですが、スピード機は本当に初歩の物しかやったことがありませんので自信がありません。もし間違っていたり補足説明が必要なら、もっと詳しい方、訂正をお願いします。
というより、もっと詳しいベテランの方、助けてください。私は初心者レベルの質問にしか答えられませんから。

Re: レーシングエンジンについての質問 - エストン (男性)

2017/08/23 (Wed) 02:38:08

M野様、回答ありがとうございます。
私は2ストオートバイにチャンバー付けて走っていましたから、その効果(変化)はよくわかります。
そういうことだったのですね。パイロットがグイグイ引っ張ってから急に吹き始めたりもしてるので、なぜなのか?さっぱりわかりませんでした。
そのエンジンにあったチャンバーの設計や寸法はとても繊細なものらしく、オートバイのチャンバーでさえ数ミリ狂うと性能に影響が出てしまうと聞いたことがあります。
排気量の小さな模型エンジンなら尚更でしょうね。
プロペラが一枚羽なのにもびっくりしました。なんか凄い世界ですね。
おかげさまで謎も解消いたしました。お世話様でした。

ワイヤーのメンテ、管理 - Uコンひとり (男性)

2017/08/08 (Tue) 08:57:22

先日飛行後にワイヤーを巻き取った時、よってある細いワイヤーが1本切れているのを発見し新し物と交換しました。フライト記録を調べたら回数で250フライトほど使ったものでした。

私は普段使用後に布で乾拭きしてリールに巻き取り、その時の手の感触や目視で異常を感じたら対処するだけで、定期的に点検や交換をしていませんでした。

ワイヤーの点検や交換時期の管理などどうするのが良いのでしょうか?

Re: ワイヤーのメンテ、管理 - M野 (男性)

2017/08/17 (Thu) 21:11:54

ながらくほったらかしにしてしまい、申し訳ありませんでした。
ワイヤーを普通にきちんと管理している限り、途中で切れるということは経験したことはありません。子供の頃とは違い、ワイヤーをキンクさせるような使い方はしませんからね。ワイヤーが痛みやすいのは、ほとんどの場合、末端処理部分です。ここも突然切れるということはあまり無く、Uコンひとりさんが経験したように撚り線の一本が切れていることが多いです。ですから私は毎回末端処理部分を注意して点検するようにしています。それで飛行中にワイヤーが切れたという経験はありません。しかし、大会で、それに気づかず引っ張りテストで切れて、借り物のワイヤーでニュートラルが合わず散々な結果になったことはありましたけどね。
私はケチなので、末端処理部分が痛んだら、そこで切って、また処理しなおして使ってしまいます。しかし念のため、200フライトで交換するとかいうルールを自分で決めて、定期的に交換したほうがいいでしょうね。切れないまでも、よれよれになっていたら操縦に影響が出ますので交換したほうがいいです。
普通に使っていれば、200フライトはトラブルなしに使えると思います。

Re: ワイヤーのメンテ、管理 - Uコンひとり (男性)

2017/08/19 (Sat) 13:37:01

回答ありがとうございます。とりあえず使用後に末端処理部分の点検をしようと思います。

今回切れかかっていたワイヤーはUコンを始めたときに買ったもので、乱暴な取り扱いをしてあちこちでわかめ状態になっていたので交換しましたが、今はワイヤーの取り扱いにも慣れたので今度末端が痛んだらそこで切って処理しなおして再利用してみようと思います。

UコンQ&A - 佐藤 哲司 (男性)

2017/08/16 (Wed) 05:36:52

 M野さんはお忙しい様ですね。私の友人が、以下のURLでQ&Aコーナーを立ち上げています。

http://www.e-freedom.co.jp/treebbs/2/index.html

 上記の「UコンQ&A」は不正アクセスを防止するため、パスワードを設定しています。
 IDはUC、パスワードはF2(いずれも大文字)です。

コン宙返り時のワイヤの状態について... Grasshopper (男性)

2017/08/03 (Thu) 12:40:43

管理人のM野 様
早々に、詳しいご回答を頂きまして、どうもありがとうございます。
やはり、一方向に宙返りばかりを繰り返すと、問題が出てくることが良く理解できました!!
今後、また、何かありましたら、ご相談に乗って頂きますよう、どうぞ宜しくお願い致します。

Uコン宙返り時のワイヤの状態について... Grasshopper (男性)

2017/07/30 (Sun) 12:58:34

はじめまして、いつも楽しく読ませて頂いております。
以前から疑問に思っていることなのですが、Uコン機が宙返りする時には、当然、ワイヤも機体と共に回転して、どんどん、ねじれて絡まっていくのではないか、と思うのですが、このような状態で、Uコン機は、制御不能(特に、Uコン機を一方向ばかり宙返りさせた時など)に陥る危険はないのでしょうか?もし、ご存知の方がおられましたら、お教え頂きたく思います。

Re: Uコン宙返り時のワイヤの状態について... - M野 (男性)

2017/08/02 (Wed) 00:06:41

はじめましてGrasshopperさん、ようこそおいでくださいました。
管理人のM野です。
私は何回ワイヤーがねじれたら操縦に影響が出るのかは、試したことがありません。
規定演技を行う際は、正宙を3回連続で行った後は背面飛行、その後は逆宙を3回連続で行いますし、その後の演技も、四角宙返り連続2回の後は逆四角宙返りを2回行いますので、捻れたままで演技するのは、逆演技がない連続三角宙返り2回の後からの演技です。
その連続3回宙返りの後の背面飛行は影響を感じませんし、三角の後の2回捻れたままでも演技への影響は感じません。つまり規定どおりにスタントを行う限り、ワイヤーのねじれの影響はない、ということになります。
しかし宙返りばかりを何回も行った場合、当然ねじれによる摩擦で影響は出るはずだと思います。たしか昔のUコン技術で、何回ねじれたら影響が出るかを実験した結果が記事の中に書かれていたはずですが、それが何回だったか記憶にありません。Uコン技術を読み返してみます。
で、かなりの回数ねじれた場合の影響がどう出るのか、ですが、私の経験で雨の中の飛行でワイヤーが貼り付いた時は、まず水平飛行の安定が悪くなりました。舵の効きが遅れるからだと思います。演技中の影響ですが、特に四角宙返りなどの角物の演技のコーナーターンで舵の効きの遅れをはっきり感じました。宙返りを数多く行ってワイヤーがねじれた時も、2本のワイヤーのねじれによる摩擦の影響ですので、同じような現象になるはずだと思います。それ以上行った場合は操縦不能になるはずでしょうね。
というわけで、通常ではワイヤーのねじれの影響はないけれども、宙返りばかりを何回も行った場合は影響が出るので、あまり行わないほうがいい、ということになると思います。

スタントマシンの完成が待てませんでした…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/27 (Tue) 18:05:50

さんざん掲示板で質問をしていながら、スタントマシンの制作報告が止まったままでしたが、新たな行動に出てしまいました。
40年前(それ以上前)に制作し、壁のオブジェと化していたスタントマシンもどき(元はビーバーです)を持って、師匠との練習に赴きました。
もともとはENYA15-Ⅲを載せるつもりで作っていましたが、今回の復活に合わせて新品で手に入れたOS15-LPを載せるべくエンジンマウント周辺を弄り、本日40年目の初飛行となりました。当然40年前の機体ですので、紙貼りビニローゼ仕上げ(たぶん)でしたが、何とか燃料タンクを空にするまで飛ばすことが出来ました。一応、4回飛ばしましたが、最初は目が回り、着陸と同時にこけてしまいました…。
ただ重さが700gあるので、エンジンが止まると滑空せずに地面に近づき、何とかウィップらしきことをして接地のような状態で着陸させました。
やっぱり本物のスタントマシンを軽量化して制作し、心置きなく練習しようと思いました。

Re: スタントマシンの完成が待てませんでした…。 - M野 (男性)

2017/06/27 (Tue) 21:22:44

40年ぶりの復活飛行おめでとうございます。
さぞかし楽しかったことでしょう。子供の頃の楽しさに負けないですよね。
ビーバーの大きさで700gはたしかに重いですが、初歩の練習には充分使えると思いますよ。そのくらいの重さでも滑空はするはずだと思います。重量でなくて、重心位置が前だからではないでしょうか。FP15用のニードルが入手できるなら(製造中止後もしばらくOSから買えたのですが今はどうでしょうか?)リアニードルを切り取って、その分エンジン位置を後にしてみたらいかかでしょうか。
スタントマシンの完成も楽しみですね。たっぷり楽しんでください。

Re: スタントマシンの完成が待てませんでした…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/27 (Tue) 21:58:14

M野様 メッセージ有り難うございます。
ニードルはFP用のものを付けていますが、もともと付いていたリアニードルもついた状態です。滑空できないのは私の技術となぜか毎回風上に向かおうとしている状態でエンジンが止まったせいがあるんじゃないかと思います。
水平飛行の高度も高いので、もう少し低くなればと思いました。後は練習あるのみです。

Re: スタントマシンの完成が待てませんでした…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/27 (Tue) 22:03:26

M野様 先ほどの返信に追加です。
重心位置は、どちらかというと後ろ目にあるように思えます。スピンナーも外した状態で飛ばしましたので、今度はスピンナーをつけようかとも思っています。
いずれにしても、私の操縦技術の未熟さが大きな原因だと思いますので、そこから対応していこうと思います。

やっとこさ頭上8字できた~ - ガッキー (男性)

2017/06/26 (Mon) 19:05:25

M野さんのアドバイスに従い、タンク位置を色々調整しましたが、旨く改善出来なくて搭載のFP15は15年以上前に購入した物で何回も墜落させシャフトが軽く回りませんエンジンも歪みコンロッドも曲がっていると思いますのでエンジンを交換することにしました。
この前、手に入れた中古のFP20です。ただし重心調整のため30gの重りを後ろに取り付けることになりましたがかなりパワーアップを実感しています。
 そこで今日は頭上8字を挑戦してみました。意外にあっけなくラインも弛むこと無く出来てしまいました。連続では無く一回だけですけどね。
エンジンを交換しパワーアップしましたが縦8は連続はまだ私には難しいですね、エンジンだけのせいでは無かったかもしれません。ただ操縦が下手だけ、、、

 皆さんのアドバイスのおかげで2ヶ月チョットで2種の演技らしいことが出来るようになって嬉しいです。ありがとうございました。

これからは少しゆっくりと歩んでいこうかな。

Re: やっとこさ頭上8字できた~ - M野 (男性)

2017/06/27 (Tue) 21:30:30

とりあえず一通り第二種ができるようになりましたね。おめでとうございます。
ゆっくり長く楽しんでください。

無理やりの縦8字 - ガッキー (男性)

2017/06/22 (Thu) 18:57:12

今日、縦8字がなんとか出来ましたが形はひどい物です。何回も行ってみましたが逆宙から正宙への切り返しの時、速度が落ちテンションも無くなりかなり危険な状況になります。正宙の底辺が高度1mぐらいの時もありドキドキです。でとりあえず逆宙を少し長めにして高度を稼いでから正宙に入っています(斜め縦8字になってしまう)。逆宙の頂点は頭上を越えて体はのけぞり姿勢が慣れてなくダウン舵が弱くなっているかも知れません。連続はとても無理!
 最初のころウイングオーバーを試した時、目が回ったので封印をしていたのですが、今日リバースウイングオーバーを試してみました。正宙、逆宙なみの大きな引き起こしで行いました。背面が出来るようになっていたので形、高さはともかくなんとか出来た様です。舵の順番は分かったので後は練習で。
この先も長い、、、

Re: 無理やりの縦8字 - M野 (男性)

2017/06/22 (Thu) 22:39:28

縦8のやり始めの頃は、たいていあわてて舵を打ってしまい、逆宙が小さくなって速度が落ちてしまうんですけどね。頭上を越えるくらいにすれば、普通はそれほど速度が落ちることはないと思いますが。
パワーが足りないのでしょうね。縦8は第二種の中では、一番エンジンパワーが必要な演技です。パイナッピーはエンヤ19を想定して設計されているらしいですが、15FPなら特にパワー不足ということもないと思います。ニードルの絞りすぎか甘過ぎでパワーが足りないことも考えられます。ニードル設定かペラのマッチングを考えてはいかがでしょうか。
また、サイドマウントの場合、8の字の切り返しなどのダウン時に、かぶったようにエンジン回転が落ちる場合もあります。その場合はタンク位置を上げて調整します。正宙逆宙で回転が変わらないように調整すると背面で回転が上がり気味になる場合もありますが、それを完璧に調整するのは難しいですから、どちらも我慢できるくらいで妥協して調整します。正立や倒立でも同じようなことは起こりますので、その調整は繊細で難しいです。競技に出る方は、厚紙一枚単位の微妙な調整をします。
適切なタンク位置はエンジンによって違いますが、15FPの場合、ベンチュリー中心よりもけっこう高い位置になるはずです。
正宙逆宙のエンジン回転をよく観察してみてください。
それにしても進歩が早いですね。あとは頭上9の字でとりあえずひととおり第二種攻略ですね。形や高度は練習あるのみですから、ゆっくりでいいと思います。

Re: 無理やりの縦8字 - ガッキー (男性)

2017/06/23 (Fri) 00:41:23

実はこの練習中はニードルのセットを触ってばかりいました。正宙、逆宙の時はそんなにパワーが落ちる感じは無く正面も背面も回転は変化せず調子が良いなと思っていたのですが、横8字、縦8字の練習になってから切り返し逆宙時に絞り過ぎのような状態になりパワーダウンして悩んでいました。
タンクの位置を変化して様子をみます。
使っている15FPは随分使い込んでいた物でパワーもかなり落ちていると思います。既にメーカーにも部品も無くソロソロ交代か。

Re: 無理やりの縦8字 - M野 (男性)

2017/06/23 (Fri) 10:59:38

絞りすぎのようになっているなら、逆にタンクの位置を下げる方向ですね。
普通は甘くなる傾向の場合が多いですから、どちらの状態なのかを見極めて、タンク位置を少しづつ調整してみてください。

Re: 無理やりの縦8字 - M野 (男性)

2017/06/23 (Fri) 12:28:20

墜落などでシリンダーが歪んでしまい、ヒート気味で回っている場合や、使い込んでプレーンベアリングのクリアランスが大きくなっている場合なども、そういう傾向になる時もあります。
まずはタンク位置で調整して、それでもうまくいかない場合はエンジン換装も考えてください。
指定どおりのエンヤ19が最適でしょうが、15LAも扱いやすくていい具合ですよ。

Re: 無理やりの縦8字 - ガッキー (男性)

2017/06/23 (Fri) 19:27:55

タンクの位置を調整して改善しない場合はもうエンジンの寿命と思われますので交換します。機体も度重なる墜落の修理でかなり重くなっていると思いますので、機体ごと新しくした方が良いかも知れませんので2号パイナッピー投入。その後は25FP搭載ツイスターを考えております。でもこの機体40用と書いてあるじゃん。

Re: 無理やりの縦8字 - M野 (男性)

2017/06/23 (Fri) 21:40:39

ツイスターは古い設計で、当時全盛のFOX35仕様として設計されていました。MNTIさんでお奨めのスタントトレーナーとして発売する際に、入手しにくく取り扱いが難しいFOX35よりも、パワーに余裕があり取り扱いが簡単な40FP、40LAを指定したのだと思います。今は機体の大きさに対して大きめのエンジンを搭載するのが主流ですしね。
40のほうがパワーに余裕があり調整、飛行は楽ですが、25FPや25LAはFOX35と同等のパワーがありますから、充分ツイスターを飛ばせます。
ツイスターは構造がシンプルですから、誰が作ってもだいたい同じくらいの重量で仕上がります。だいたい1100gくらいで仕上がると思いますが、25の場合は重い材料は変更するなりして、できるだけ軽くなるように工夫してください。安易な肉抜きは、それほど軽量にならないわりに確実に剛性が落ちますので、お奨めできません

Re: 無理やりの縦8字 - 佐藤 哲司 (男性)

2017/06/23 (Fri) 23:26:05

 ツイスターは、主翼面積が30平方dmを越え、重量も1kg以上になります。空気抵抗もやや大きめだからでしょうか、私の知るところでは、全員FP40を使用していました。1人だけ25エンジンに換装した友人が居ましたが、彼はチューンドパイプを併用し、高回転・高出力にしていました。LA40は、1人をのぞいて多くの方々が手を焼いています。特性がピーキーみたいですね。したがってエンジンはやはり、OSさんのFP40が良いのですが、現在は入手不可能に近いです。つまり、ツイスターは練習機として手頃だとは思いますが、エンジンの選択に困ります。
 MNTでは「ブローダック40」なるエンジンを扱っていますが、現在は売り切れだそうです。しかも、推奨プロップは9.5X4.5なんてことを言っています。価格も15000円を超えていますね。FP40は11インチプロップをゆっくりと回せますので、扱いやすくおとなしく、機体をしっかりと引いてくれますが、なんと言っても入手困難。つまり、ツイスターの様な中型練習機は、選択しにくいって結論になります。まったく、困ったもんです。

Re: 無理やりの縦8字 - サリー1号 (男性)

2017/06/24 (Sat) 15:33:35

初心者の私が言うのもなんですが、私はツイスター+LA25でやってました。パワー的には十分でした。この組み合わせでいい練習ができました。タンクの位置調整がきまればけっこう気持ちよく飛んでくれて、いい練習になると思います。

Re: 無理やりの縦8字 - ガッキー (男性)

2017/06/24 (Sat) 17:50:57

皆さんアドバイスありがとうございます。ツイスターはまだ先ですがエンジンを容易に換装出来る様にエンジンマウントを取り付けます。
最適なエンジンがなかなか手に入らない昨今は電動化も考えなければなりませんね。

Re: 無理やりの縦8字 - 檀上 (?)

2017/06/26 (Mon) 17:14:20

ツイスターよりもちょっと小型軽量なジベック号でさえ私のはFP35、AT36、Tower40、LA46、といろいろと試してそれぞれ快調に飛びます。ツイスターならLA46や、まだ生産しているSS45も含めて探していけばエンジンの玉はいっぱい出てくるんじゃないでしょうか。

Re: 無理やりの縦8字 - ガッキー (男性)

2017/06/26 (Mon) 19:22:55

随分前にRC40スタント機に使っていたENYA 45Xが道具箱から出てきました。当時はチューンドパイプでキュラーレ40で使っていたと思います。
このエンジン、Uコンに使うのは有りですか?

Re: 無理やりの縦8字 - 佐藤 哲司 (男性)

2017/06/26 (Mon) 22:24:13

>このエンジン、Uコンに使うのは有りですか?

 45Xは、やめた方が無難です。

Re: 無理やりの縦8字 - ガッキー (男性)

2017/06/26 (Mon) 23:01:24

アドバイスありがとうございます。
飾って置くだけにします。

スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/13 (Tue) 20:11:56

初めてメールいたします。
島根県松江市でUコンを40年ぶりに復活しようと思っています。この40年、模型飛行機には全く触れていませんが、情報だけはちょくちょこ探っていました。
近所ではUコン愛好者がいらっしゃらないようですが、いろいろネットで探り、米子市と鳥取市で師匠を見つけることが出来ました。
とりあえずのスタートとして、鳥取の師匠から自作のT-6を頂き、ほぼ完成しました。基本的にはスタントマシンとの2機体制で一からやろうと思っています。40年前には宙返りと背面飛行は出来ましたが、今は昔、たぶんできません。徐々に飛ばせるようになればいいかなと思っています。
今は具体的にご指導頂くことはございませんが、徐々にご質問出来ればと思っています。まずはワイヤのセッティングからだと思っています。
初心者ですので、よろしくお願いいたします。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/13 (Tue) 20:59:49

はじめましてオヤジLega2904さん。ようこそおいでくださいました。
昔宙返り背面ができていた方なら、一から始める方より楽だと思いますよ。けっこう身体が覚えているもんです。
指導していただける方がいるなら心強いですね。
質問はもちろん出来る限りお答えしますが、経過報告、雑談、何でも歓迎ですから、どんどん投稿してください。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/14 (Wed) 13:20:46

返信、有難うございます。
一つ質問がありまして、ある程度飛ばせるようになるまではエンジン機でやろうと思っています。特にスタントマシンではENYA19を載せ、しっかりと基本をマスターしたいと思います。最低2種らしきものが出来るまではそのつもりですが、最近は電動機も増えています。米子の師匠は電動機でF2Bをやっておられるんですが、エンジン機と電動機の差と言いますか、メリット・デメリットをご教授頂ければと思います。
「Uコン復活」のブログも拝見していますが、私、基本文系なものでイマイチよく分からないところもありますもので…。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/14 (Wed) 23:21:49

私も電動機を飛ばします。詳しくは(あまり詳しいことは書いてませんが)掲示板の上の「ホーム」から私のブログをご覧ください。まあ最近ぜんぜん更新してませんけど。
エンジンは気圧や気温の影響で回り方が変化します。まずパワーが変化します。それとエンジンは上昇時にはタンク位置との関係で混合気が薄くなり、回転が上がります。下降時には混合気が濃くなり回転が下がります。このパワー変化をスイッチングと呼び、スタントにおいては効果的に働きます。これも季候の影響を受けます。ですから季節によって燃料のニトロ量やベンチュリー径などで調整します。低地から高地へ行った時にも変わります。対して電動は一度セッティングが決まってしまえば、いつでも同じに回ります。今主流の3Gタイマー(遠心力検知式パワー可変機構付きタイマーです)ではスイッチングの具合も数値で管理できます。またエンジンは正宙と逆宙でスイッチングの具合が変わる場合もあり、その調整も必要です。電動では水平飛行でも背面でも、また正宙でも逆宙でも同じに回ります。そういった意味では、競技においては電動のほうが確実性が高いと言えます。
エンジンはそういう難しい調整を経験と理詰めで解決していく楽しさがあります。電動はそれらを数値で管理できますので、そういう意味では面白さが弱いかも知れませんから、それがデメリットと言えば言えるかも知れません。それとエンジンに比べて初期投資が高くなる、進歩が早いのでついていくのが大変、ということもありますね。
今や電動は進歩して、エンジンに劣る部分はほとんどないと言ってしまってもいいくらいですから、どちらを選ぶかは好みだと思います。
ただ、私たちくらいの年代では子供の頃、模型エンジンは憧れであり、、Uコンを始めた理由は「エンジン機だったから」というところもあり、やはりエンジン機も飛ばしたくなるのは事実です。実際エンジンはほんとに楽しいです。
多くの方がブログをやられていますが、私のブログも含めて、ブログに書いてあることが全て正しいとは限りませんから、気をつけてください。信用できるのは机上の理論より、実際に競技に参加されている現役選手の方が実際に経験して実践されている手法や技法でしょうね。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/15 (Thu) 13:17:10

追伸です。
電動の場合、機体が燃料によって劣化することがないのは、大きなメリットだと思います。フィルムが燃料によってはがれやすくなることもありません。
ただし私は元来ものぐさなので、燃料で汚れない電動機はほとんど掃除しませんから、エンジン機より汚いです。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - サリー1号 (男性)

2017/06/15 (Thu) 15:35:10

こんにちは、ごぶさたしております。Uコンを何十年ぶりかでやりたい。。と言う人がいててうれしいです。私もその一人でしたがここの掲示板からいろんな方と知り合いになってUコンの世界がますます広がりました。子供の頃に憧れた飛行機やベテランの方とお会いできるのが夢のようです。私もM野さんや他のいろんな方のおかげで、なんとか人並みに飛ばせるようになりましたが、競技に夢中になって楽しく飛ばすことを忘れがちです。そういう意味では、汗を流しながらエンジンをかけるのも楽しい時間だと思ってきました。作る楽しみ、飛ばす楽しみ、エンジン機でも電動機でもそれぞれだと思います。とりあえずは、楽しむUコンを始めるのが大事ではないでしょうか。がんばってください。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/15 (Thu) 18:13:03

M野様、サリー1号様、メッセージ有り難うございます。
今回の復活に当たって一番苦しんだのが、フィルム貼りをするるためにナイロンヒンジの溝を切ることでした。元来不器用なもので、師匠から頂いたT-6のフラップの溝切りに苦しみ、ようやく主翼のフィルム貼りにたどり着きました。
エンジンをかけるのは何とも思いませんでしたが、機体制作のここに落とし穴があるとは思いませんでした。ラジコンをされている方には何ともないことだと思いますが、模型飛行機に全く触っていなかった自分には、高いハードルでした。次には、スタントマシンの溝切りがやってくるので、フラップ・尾翼・エレベーターともに4㎜バルサで作ろうかと思っています。
これも、模型飛行機の楽しみのひとつだと思ってやっていますが、予想外の苦しみです。

>M野様
とりあえず、手持ちのキットがぼろぼろになるくらい練習し、まずは2種が出来るまではエンジン機で行きます。

>サリー1号様
こんな風に皆様とコミュニケーションが取れること、本当に幸せです。楽しみながら模型飛行機と戯れていこうと思います。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/15 (Thu) 20:19:31

スタントマシンのヒノキの後縁にヒンジの溝を掘るのは難しいですし、バルサに替えると強度不足になりますから、ヒンジテープ(模型店で売っています)を使われたらどうでしょうか。フィルムを貼ってから、上下にフラップの幅いっぱいに貼ります。燃料ではがれることもありますから、はがれてきたら燃料をアルコールでよく落としてから貼り替えます。
水平尾翼とエレベーターを4mmバルサに変更するのは、剛性面から見てもいいことです。スタントマシンの尾翼の大きさですと、3mmでは剛性不足になりがちですから、変更したほうがいいでしょう。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/16 (Fri) 13:12:35

M野様、貴重な技の伝授、有難うございます。
ヒンジテープですか…。昔は無かったものですね。
これなら、溝切りに苦しむことはありません。
図までお示しいただき、本当に有難うございます。

ついでと言ってはなんですが、エンジンのサイドスラストとラダーオフセットに関してもお聞かせください。
サイドスラストは、飛ばしながらでもワッシャ―を追加して増やせそうですが、スタントマシンの場合、ラダーオフセットの変更は垂直尾翼を切り落として再度接着が必要になります。考え方として、ラダーオフセットは設計図通りで制作し、引きが不足するようならサイドスラストで調整するという考え方でいいのでしょうか。ご教授頂ければ幸いです。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/16 (Fri) 21:02:49

昔は機軸を外側に向けてワイヤーテンションを得る、という考え方でしたから、ラダーオフセットをつけて、リードアウト位置も今より後が普通でした。しかし機軸を外向きにすると抵抗になり、ただでさえワイヤーがたるみやすい上空で速度が落ちてしまい、かえってワイヤーテンションが弱くなってしまいます。ですから今はラダーオフセットはつけない、リードアウト位置は昔よりも前、というのが主流です。ラダーは充分な直進性を得るための物、という考え方になっています。
もっともスタントマシンは胴体が棒ですから、外向きになったところでそれほど抵抗にはならないと思いますが、無理に機軸を外向きにする必要はありませんから、ラダーオフセットは無しでいいと思います。
ワイヤーテンションが不足していると感じた場合は、翼端ウエイト、飛行速度、サイドスラストで調整してみてください。翼端ウエイトの追加はかなり有効です。
スタントマシンは胴体側面積が少ないですから、上空でワイヤーテンションが不足気味になりがちですので、少し速めの速度がいいと思います。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/16 (Fri) 22:05:37

M野様、エンジンスラスト・ラダーオフセット等の考え方をご教授頂き、有難うございます。ご意見を参考にして、きちんと機体を制作し、しっかりと練習をしていきたいと思います。
有難うございました。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/17 (Sat) 11:50:54

ワイヤーがたるんでしまった時にはたいてい速度も落ちてしまっていますので、ラダーオフセットはあまり効果はありませんが、サイドスラストはエンジンさえ回っていれば有効です。サイドスラストはつけたほうがいいでしょうね。
それと、スタントマシンは設計図どおりに作ってベルクランクを外装にすると、上下の重心位置とリードアウト位置の関係で主翼が内側に傾いて飛びます。これを翼端フラップで修整すると、風向きや風の強弱などによりバタバタ揺れたりします。
ですから本家CHACでは主翼を下側につけたりしていたらしいです。
主翼を下側につけるか、ベルクランクを内装にするか、どちらかにしたほうがいいでしょう。主翼を下側につけた場合、その分だけ水平尾翼位置も下げたほうがいいでしょうね。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/18 (Sun) 14:47:25

M野様、貴重な情報有難うございます。
主翼を下側に付けるのが本家流なんですね。
ベルクランクが内装式のT-6で主翼のフィルム貼りにかなり苦労したので、ベルクランクは外装式にしたいのが本音です。
スタントマシン1号機はサイドスラストをつけて、主翼は下側に下げて、リンケージはすべて外装式でやってみようと思います。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - M野 (男性)

2017/06/19 (Mon) 23:20:11

追伸です。
フラップからエレベーターへのロッドは、2mmですとたわみますので、2.3mmに変更したほうがいいです。ロッドはフラップに当たりますが、曲げないで、フラップのほうを削ったほうがいいです。

Re: スタントマシンで40年ぶりの飛行へ…。 - オヤジLega2904 (男性)

2017/06/20 (Tue) 18:56:00

M野様 ロッドの件、有難うございます。
昔は、ロッドを曲げてフラップに当たらないようにしていましたが、最近の機体の写真を見ると、フラップからエレベータまで直線での処理がほとんどですね。
しっかりとしたリンケージにしたいと思います。

横8字飛行 - ガッキー (男性)

2017/06/13 (Tue) 16:09:09

今日は風も弱く逆宙返りの大きさ、効きも徐々に分かってきたので横8字飛行を思い切ってやって見ました。正中から逆宙へ移る時の垂直上昇を少し長めにして安全な高度になってから逆宙に入るとと意外と簡単に出来ました。連続2回とか高度はまだまだですがこれから煮詰めていきます。
ゾンビパイナッピーなので気楽であまり緊張しなくてもすむので練習が進みます。逆宙が出来るようになるとワイヤーの捻れを直せるので良いですね。

Re: 横8字飛行 - M野 (男性)

2017/06/13 (Tue) 20:52:08

本当に進歩が早くて驚きます。
下の高度を揃えるのは難しいですから、しばらくかかると思いますが、後は縦8と頭上8の字は上空で逆宙ですから怖い思いをすることなくできると思います。ここまで来れば第二種攻略するのは楽なもんです。
リバーースウイングオーバーは垂直降下する機体にダウンを打つので怖いですが、背面ができればそう難しくありません。しかし私もしばらく飛ばしていないとすぐ引き起こし高度が高くなります。下の高度に関しては練習あるのみですね。
がんばってください。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.